自己啓発の種類と方法|メリットとデメリット・ビジネスへの活用法も

「実力主義」と言われる現代では、誰かと自分を比べて無力さを感じてしまうことが少なくありません。現状の自分に不安や不満を抱える方の中には、自己啓発で自分を変えたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、自己啓発とひとくちに言っても内容はさまざまです。始める際は十分に理解を深めておかなければなりません。

そこで今回の記事は、自己啓発の種類や方法について解説します。それぞれの方法のメリットとデメリットもまとめているため、ぜひ参考にしてください。

1.自己啓発とは?

自己啓発とは、精神の成長や能力の向上を促すため、自らの意思により行う訓練のことを指します。人生で夢や目的を達成するためには自己成長が欠かせません。生まれ持った性格や生き方を変えたいとき、ビジネスで結果を出したいときなどは、自己啓発が役立ちます。

自己啓発は幅広い意味を持ちますが、資格を取るための勉強など、知識や技術だけを身につける行為は自己啓発とは呼べません。あくまで、精神と能力のどちらも高められることが条件となります。

2.自己啓発テーマの主な種類5つ

自己啓発は、さまざまなメリットをもたらします。

自己啓発のメリット
  • 感情をコントロールできるようになる
  • 自分の潜在的な能力が見つかる
  • 課題解決能力が向上する
  • ポジティブな性格になる

上記は一例であり、自己啓発の可能性は図り知れません。自己啓発は現状課題に合ったテーマを選ぶことが重要です

ここからは、ビジネスマンにおすすめのテーマを5つ解説します。

2-1.リーダーシップ

リーダーには相応の資質が求められます。チームの規模によって責任範囲は異なるものの、メンバーを取りまとめ、チームを成功に導くことが何より重要です。
リーダーシップのテーマでは、主に下記のポイントに着目します。

  • リーダーの在り方、意識の持ち方
  • 決断力、対応力を身につける方法
  • メンバー個々の能力を引き出す方法
  • メンバーと信頼関係を構築する方法

それぞれの理解を深めることで、下記のメリットを得ることが可能です。

リーダーシップを学ぶメリット
  • リーダーとしての資質が高められる
  • 結束力の高いチームを作ることができる
  • メンバーが主体性を持つようになる
  • ワンランク上の目標が目指せる

リーダーシップはリーダー駆け出しの方や、チームマネジメントを本格的に学びたい方におすすめと言えるでしょう。

2-2.コミュニケーション

組織の仕事にはさまざまな方が関わっており、人間関係が非常に複雑です。営業職であれば取引先や顧客など、さらに多くの方と関わらなければなりません。

コミュニケーションは名前のとおり、社会生活に欠かせないコミュニケーション術を学ぶことが目的です。

コミュニケーションを学ぶメリット
  • 周囲との信頼関係が築ける
  • 自分の意見や考えを上手に伝えられるようになる
  • 相手の立場になって考える習慣が身に付く
  • 聞き上手になる

コミュニケーションを学ぶことで、会話の中で相手の真意を理解できるようになり、人間関係が円滑となります。人付き合いが苦手な方や、営業職の方などにおすすめのテーマです。

2-3.アンガーマネジメント

アンガーマネジメントは、怒りのコントロール術です。誰しも感情的になることはありますが、怒りが事態を深刻化させたり、後悔を招いたりすることは少なくありません。ストレス過多の現代では、アンガーマネジメントは必須です。

アンガーマネジメントを学ぶメリット
  • 健全な精神状態を保てるようになる
  • 人間関係が良好になる
  • 自己理解力が高まる
  • 怒りをモチベーションにできる

アンガーマネジメントを学ぶことで、不要なトラブルを未然に防げます。また、怒りの感情の裏にある、不安や虚しさといった深層心理を知ることができる点もメリットです。

アンガーマネジメントは、気の短さを改善したい方や忍耐力をつけたい方、ストレスを多く感じる方に最適です。

2-4.コーチング

コーチングとは、傾聴と質問をくり返すことで相手の自己実現を促す技法となります。相手の心の中にある将来のビジョンや目標などを導き出すことが目的であり、直接的なアドバイスを一切しないことが特徴です。

コーチングを学ぶメリット
  • 相手の意欲を高められる
  • 新たな気付きを与えられる
  • 相手の行動を喚起できる
  • 相手の人間的な成長を促せる

コーチングは相手を意欲的にするため、ビジネスの場においては生産性の向上に繋がります。適切なコーチングを身につけるためには経験が必要ですが、一人で悩みを抱えている方々を救えることは大きなやりがいとなるでしょう。

コーチングは経営者や管理職の方、人材育成に関わる方に適したテーマです。

2-5.成功哲学

成功哲学は、成功者の行動パターンや思考を分析し、法則化したものです。有用な方法論であり、未経験者でも結果に繋げやすいといった魅力があります。著作者ナポレオン・ヒルが提唱したことが始まりと言われており、昨今数多くのコーチングで取り上げられる人気のテーマです。

成功哲学を学ぶメリット
  • 自分の在るべき姿が見えてくる
  • 思考の引き出しが増える
  • 不屈の精神が身に付く
  • 行動力が身に付く

在るべき姿が明確になれば、現状の自分に足りない要素が徐々に見えます。多様な思考法に触れることで、課題解決のヒントを多く得られることもメリットです。

成功哲学は自信が持てずに悩んでいる方や、人生の指針が欲しいと考える方におすすめします。

3.自己啓発を行うための主な方法3つ

自己啓発の方法は多数あり、テーマや自分に合った方法を見つけることが大切です。自己実現は一朝一夕とはいきません。継続的に行うためには、苦手意識のある方法は避けるべきでしょう。

ここでは自己啓発の主な方法を3つ解説するため、自分に適した方法を見つけてください。

3-1.読書

自己啓発の書籍は、ビジネス書の分野に入ります。紙媒体や電子書籍に加えて、近年は書籍を音読してくれるオーディオブックも人気です。

読書のメリット 読書のデメリット
  • 思い立ってすぐに始められる
  • 手頃な価格で学べる
  • 好きな場所や時間に学べる
  • 途中で投げ出してしまう恐れがある
  • 誤った解釈をしてしまう場合がある
  • 読むだけで実践しない恐れがある

一冊約1,000~2,000円で購入できるため初期投資額が安価で、なおかつ場所や時間も選びません。忙しくてまとまった時間が取れない方や、移動間時間などを有効活用したい方には読書がおすすめです。

3-2.動画メディア

自己啓発は、YouTubeをはじめ、動画メディアでも行うことができます。読書に馴染みのない方でも、スマートフォンやタブレット、パソコンがあればすぐに始めることが可能です。

動画メディアのメリット 動画メディアのデメリット
  • 活字を読む必要がない
  • 多様な分野の発信者がいる
  • 初心者向けの内容が多い
  • 目が疲れる
  • 通信料・一部閲覧料がかかる
  • 情報の選別が必要

視聴するだけで知識が得られることや、多様な思考法に触れられることがメリットとなります。一方で、ブルーライトによる目への影響や、通信量の問題は避けられません。また、YouTubeは玉石混交の状態であり、自己流の怪しい情報もあるため注意しましょう。

3-3.セミナー

セミナーは、細かい部分まで理解しやすく、正しい知識を得られることが魅力です。近年では、新人社員研修や人材育成の一環として、自己啓発セミナーを取り入れている企業も少なくありません。

セミナーのメリット セミナーのデメリット
  • 集中した環境が用意されている
  • 要点がまとまっていて理解しやすい
  • 講師や参加者と同じ時間を共有できる
  • 参加費用が高価なケースがある
  • 時間と場所に制約がある
  • 参加してみなければ自分に合うかわからない

セミナー特有の空気感は良い緊張感をもたらし、独学よりも効率的に学べることが大きなメリットです。しかし、一定費用がかかることに注意しておかなければなりません。とは言え費用対効果は十分なため、予算に合わせて検討すると良いでしょう。

自己啓発のセミナーを受講する際は、株式会社AWARENESSのセミナーがおすすめです。

株式会社AWARENESSの魅力
  • 専門分野を究めた講師陣のセミナーが、安価で受講できる
  • 多数あるテーマより、現状課題に合わせた選択ができる
  • マネジメントから経営戦略まで、ビジネスに役立つ内容が充実している

AWARENESSのセミナーは、一生役立つ知識や能力が手に入ります。自己啓発の基本を学びたい方や、実践方法を会得したい方は、ぜひ株式会社AWARENESSのセミナーにご参加ください。

まとめ

自己啓発は主なテーマとして、リーダーシップ・コミュニケーション・アンガーマネジメント・コーチング・成功哲学の5種類が挙げられます。

いずれのテーマも読書や動画メディア、セミナーなどで学ぶことが可能です。自分のライフスタイルに合った方法を選ぶことで、継続的に取り組めるでしょう。

自己啓発は、行動に移すことが何より重要です。まずは最初の一歩として、株式会社AWARENESSのセミナーを受講してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP