人間関係を円滑にするための4つのコツと悩みの解消方法を紹介

ストレスを溜め込まず楽しい毎日を過ごすためには、円満な人間関係を築くことが大切です。しかし、世の中にはさまざま人間がいるため、日常的なやり取りの中でうまくいかないことも多くあります。

例えば、他者と意見が衝突しトラブルに発展すれば、その都度対処しなければなりません。また、新しい出会いがあれば、一から関係を築いていかなければならないため、労力も必要です。

このように、日々人間関係でストレスを感じている方は少なくありません。そこで今回は、人間関係を円滑にするためのコツと、悩みを解消するための方法を紹介します。

1.人間関係によるストレスには要注意

ストレスは目に見えるものではありません。しかし、日常生活の中で人々は確かにストレスを感じており、自分自身で気付かないうちに心の病気を発症してしまうこともあります。

では、具体的にどのような出来事が人にストレス要因となっているのでしょうか。

ホームズとレイのストレス度表(引用:ホームズとレイのストレス度表

上記のリストは、アメリカの社会生理学者ホームズと内科医レイが作成した「社会歳適応評価尺度」と呼ばれるものです。ストレス度は、過去1年間のデータにより決められています。

上記のリストを見ると、人はさまざまな要因から日常的にストレスを感じていることが分かります。中でも、離婚や結婚、上司とのトラブルなど他者が関連している理由が多く、人々がいかに人間関係でストレスを感じているかは一目瞭然です。

ストレスが溜まりすぎると心が耐えられなくなり、鬱になったり体調不良を引き起こしたりする可能性があります。そのため、心と体の健康を維持できるよう小まめにストレスを発散させながら、ストレスと上手に付き合っていくことが重要です。

2.ストレスを溜め込まず人間関係を円滑にするための4つのコツ

人間は他者と関わらずして生活することはできません。特に、職場の人間関係は他者と協力しながら仕事をしなければならないため、円満な人間関係を構築する必要があります。

しかし、職場にはさまざまな年代・思考の人間が集まるため、円滑な人間関係の構築に難しさを感じている方も少なくありません。

ここからは、どのようにすればストレスを溜め込まず人間関係を円滑にできるのか、具体的なコツを4つ紹介します。

2-1.いきなりプライベートの深い部分に踏み入るような話題は避ける

仕事とプライベートをきっちり分けている方もいるため、職場で他人のプライベートに踏み入るような話をすることは避けましょう

職場は友達作りの場ではなく仕事をする場です。仕事がやりやすいよう人間関係を円滑にすることは大切ですが、そこにプライベートを関与させる必要はありません。職場の人間にプライベートなことまで踏み込まれたくないと思っている方もいます。仲良くなりたいからと無理に親密な人間関係を求め過ぎると、相手に引かれてしまう恐れがあるため、注意してください。

職場の方と距離を縮めたい場合は、相手がどの程度の距離感を求めているかを考えてみることが大切です。プライベートと仕事をしっかり分けたい方であれば、職場でプライベートな話をほとんどしません。

一方、休日に同僚と遊びに行ったり、休憩時間にプライベートな話で盛り上がったりしている場合は、ある程度距離を縮めることが可能です。相手との最適な距離感を見極めてから徐々にプライベートな話を始めるよう意識すれば、相手に不快な思いをさせず仲良くなれます。

2-2.話のスピードやリズムを周りに合わせる

心地よく会話ができる相手とは円滑な人間関係を築きやすいです。そのため、盛り上がる会話ネタを探すより、相手が話しやすいような雰囲気作りを工夫しましょう

例えば、話のスピードやリズムを合わせる方法があります。話のテンポが合う方とはスムーズな会話ができるため、お互いにストレスを感じにくいです。

快適に会話ができる状況を作ることで「この人とだったらまた話したい」と好印象を与えることができます。相手が話すスピードやリズムを察知し、最適な話し方を心がけてください。

この他にも、相手と話しやすい環境作りの工夫には以下のようなものがあります。これらのポイントを意識して、円滑な人間関係構築を目指しましょう。

  • 相手の話に共感する
  • 相手と同じ言葉や表現を使う
  • 相槌を入れてしっかり話を聞いている姿勢を示す
  • 身振り手振りを真似る

2-3.無理をしてまで苦手な人とは付き合う必要はない

人間関係には相性があるため、どれだけ頑張っても合わない方もいます。全員と仲良くなろうとすると心に強い負荷がかかるため、無理をしてまで苦手な方と親密になろうとする必要はありません

しかし、職場であればどれだけ苦手な相手でも、仕事上付き合わなければならないことがあります。その際は、相手を避けるようなことはせず、仕事と割り切って接しましょう

必要な時だけコミュニケーションを取るようにすれば、ストレスを最低限に抑えられ、相手との壁も必要以上に厚くならずに済みます。

2-4.悩みは一人で抱え込まない

人間関係を円滑にするためには、周りからアドバイスをもらうことも大切です。一人では解決が難しい問題があるなら、誰かに悩みを相談して解決の糸口を探しましょう。

職場の人間関係であれば、同僚や上司など相手のことを知っている方に相談すると的確なアドバイスをもらえます。職場の人間に相談しにくい内容の場合は、家族に客観的意見をもらうことも1つの手段です。

誰かにアドバイスをもらうことで、自分では気付けなかったものの見方や考え方に気付けるため、スムーズな問題解決につながりストレスも軽減できます。

3.人間関係での悩みを解消する2つの方法

ストレス度合いは違えど、人間関係において誰もが多少なりともストレスを感じています。ストレスを溜め込んでいると、心身ともに健康を損ねる恐れがあるため、ストレスが溜まる前に早めに解消していくことが大切です。

では、どのようにすればストレスを解消できるのでしょうか。
最後に、人間関係での悩みを解消するおすすめの対処法を2つ紹介します。ストレスが溜まって気分が晴れないとお悩みの方は、ぜひ実践してみてください。

3-1.開き直って周囲からの評価をきにしない

周囲から嫌われないよう振舞い続けるとストレスが溜まっていく一方なため、「周りからどう思われても平気」と思えるくらいの心の余裕を持ちましょう。

自我を通さず周りに合わせていれば周囲から反感を買いにくいため、悪口を言われることも、冷たい態度を取られて傷つくこともありません。円滑な人間関係を築くためには、自分の本音より周囲の意見を優先させることも大切です。

しかし、常に周囲からの評価を気にしていては自分の素を出せなくなります。我慢の連続を強いられる生き方ではストレスばかりが強くなってしまうため、時には開き直って自分の意見を大切にしてあげることも必要です。

3-2.転職したり独立したりして今の人間関係をリセットする

職場にどうしても合わない人がいたり、人間関係に疲れて仕事そのものが嫌になったりした場合は、気持ちをリセットするために環境を変えるという方法も効果的です。

転職、あるいは独立をすれば、前職の人間と顔を合わせる必要がありません。煩わしい人間関係のストレスから解放され、仕事に集中できたり、新たな会社で素敵な出会いに恵まれたりと、さまざまなメリットがあります

職場の人間関係が修正不可能なほどに深刻化しているなら、心のためにも無理に嫌な環境に居続けることをやめ、新たな環境を探すことを視野に入れてみましょう

まとめ

人間の数だけさまざまな考え方があるため、他者と理解し合えないことも少なくありません。時には自分の意見を我慢しなければならなかったり、喧嘩をしたりすることもあります。

人間関係から引き起こされるストレスは心に大きな負担となり、鬱などを発症するケースもあります。そのため、適度にストレスを解消し、できるだけトラブルに発展しないよう円滑な人間関係を築くことが大切です。

どのように円滑な人間関係を構築すべきか分からない方は、ぜひ今回紹介した人間関係を円滑にするコツを参考にしてください。上手にストレス対処をしながら他者と交流していくことで心にゆとりが持てるため、良好な関係を築きやすくなります。

PAGE TOP