人生の目的が決まっている人は健康的な生活習慣を考える?

自分は健康的な生活習慣をおくれていると言えますでしょうか?

人生の目的がはっきりしている人ほど、健康についてよく考えているものです。

健康は手段であり目的ではありませんが、健康的な生活習慣をおくる上で大切なポイントをご紹介してまいります。

人生の目的が決まっている人の定義

健康が人生の目標と言えるでしょうか。

人生において健康で過ごせるに越したことはないと言えますが、それを人生の目的とは言えないことの方が多いでしょう。

人生の目標とは自分の夢であり、希望だとも考えられ、人生の目標が決まっている人の手段として健康があるとも言えます。

実際に人生の目標が決まっている人ほど、健康的な生活習慣を心がけています。

目標を目指していく上で、健康的に過ごすことをおろそかにしてしまうと、体や心の病気になってしまうこともあり、目標達成の妨げにつながってしまいます。

そのため、人生の目標が決まっている人ほど、運動や食生活などの健康管理や定期的な医療機関への受診、過度な飲酒や喫煙への配慮など、健康への意識が高い傾向にあります。

不健康な生活を送っているとストレスが溜まりやすく、モチベーションの維持も難しくなるため、目標達成の障壁となります。

健康的な生活習慣を維持することで、モチベーションを維持することができ、人生の目標も叶えやすくなるでしょう。

生活習慣をおろそかにするとどうなる?

健康的な生活習慣をおろそかにしてしまうとどのようになるのでしょうか。

人は不健康な生活を続けると生活習慣病になってしまいます。

不健康な生活とは以下のようなものが該当します。

  • 運動不足
  • 偏った食生活
  • 過度なストレス
  • 過度な飲酒
  • 喫煙
  • 短い睡眠時間

生活習慣病とは、不健康は生活習慣によってもたらされる病気の総称です。

このように、過度な飲酒や喫煙、栄養バランスを考えない食生活などといった不健康な生活を続けることで、メタボ(メタボリックシンドローム)や高血圧、糖尿病といった生活習慣病にかかってしまう可能性が高まります。

生活習慣病にならないためにも、健康的な生活習慣を心がけて予防していくことが大切と言えます。

健康的な生活習慣として、喫煙は控え、定期的に運動をするようにし、飲酒はやめるか適量を守るようにします。

また、栄養バランスを考えた食事を摂るようにし、しっかりと睡眠も取ることが大切です。

これらを心がけることで生活習慣病になり辛くなるだけではなく、健康的な生活習慣が身に付き、ストレスも発散されてパフォーマンスが向上します。

健康的な生活習慣の4つのポイント

健康的な生活習慣を意識する際のポイントとは何でしょうか。

次から健康的な生活習慣のポイントについて、「運動」「休息・睡眠」「食生活」「リラックス」の4つに分けてまとめていきます。

【無料】健康習慣 LINE@配信中!!

運動

健康的な生活習慣を意識する上で、スポーツなどといった激しい運動は必須ではありません。

年々便利になっていく世の中、人は比例するように運動することが減っていっています。

急に長時間の運動を取り入れても、なかなか思うようには続かないため、まずは日々の生活にちょっとした運動を取り入れていくことが大切です。

例えば、通勤や通学の際にこれまでよりもプラス10分程度、だいたい1000歩ほど多く歩いてみたり、普段はただ歩くだけだったところを早歩きしてみたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ってみたりしましょう。

他にも、ながら運動もおすすめです。

仕事中に立つシーンがあれば、背伸びをするようにかかとをゆっくりと上げて下すだけで、ふくらはぎの運動になります。

家で寝転がってゆっくりするときには、足を上げ下げしてもちょっとした運動になります。

スクワットや腕立て伏せといった筋力トレーニングやストレッチなども効果的です。

慣れてきたら、気になっているスポーツをしてみたり、ヨガなどのフィットネスを取り入れてみるのも良いでしょう。

運動することで体力や筋力の維持はもちろん、代謝が良くなって肥満が改善されたり、気分転換やストレスが解消されたりといった効果が得られます。

少しずつ体を動かしていくことから初めていき、健康的な生活習慣を取り入れていきましょう。

休息・睡眠

健康的な生活習慣に欠かせないのが休息や睡眠です。

日々頑張り続けるだけでは無く、しっかりと休息を取ることも大事です。

十分な睡眠が取れていなかったり、睡眠の質が良くないとストレスや慢性的な疲れ、肥満や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくもなってしまいます。

睡眠の質を高めるためには、規則正しい生活を送ることが重要です。

まずは不規則な生活をやめ、毎日同じ時間に起きるようにリズムを意識していきましょう。

朝起きたら日光をちゃんと浴びることで、行動できる状態に身体のスイッチが入ります。

このように1日の始まりを良い状態でスタートさせることができたら、次は1日の終わりを改善します。

眠りが浅くなってしまう原因になるため、寝る前はテレビやスマートフォン、パソコンなどの電子機器を触らないようにします。

また、温かいタオルやアイマスクで目を温めて疲れをとってみたり、軽いストレッチをして血行を促進させたりすることで、疲労回復につながるためおすすめです。

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、目安としては毎日7時間以上、睡眠時間を確保するようにしてみてください。

疲れが溜まりにくくなったり、ストレスが解消されたりと、日々のパフォーマンスも向上することでしょう。

食生活

続いてのポイントは食生活です。

食事も睡眠と同様に、規則正しく毎日できるだけ同じ時間にとるようにしましょう。

1日3食しっかりと食べることも大切ですが、栄養バランスのとれた食事をとることも大切です。

特に朝食は忙しくて抜いてしまいがちですが、規則正しいリズムが身体に染みついたり、集中力が上がったり、代謝が上がって肥満予防につながったりと良いことづくめなので、朝食は摂るようにしましょう。

習慣化された間食や、就寝の2時間前より後の夜食をなるべく控えることも大切です。

栄養バランスの観点から、満腹感を得られやすい炭水化物だけでは決して栄養のバランスがとれているとは言えないため、副菜を1品増やしてみるのをおすすめします。

忙しいときはコンビニやスーパーで簡易的に済ませてしまいがちですが、ヨーグルトやサラダ、卵製品を追加してみるなど、不足している栄養素を補うようにしましょう。

リラックス

健康的な生活習慣を考えていく上で、リラックスできる時間を取り入れていくことも重要です。

体は休まっていても心が休まっていないこともあるため、1日の終わりにリフレッシュする時間を取り入れることをおすすめします、

就寝の1時間前までに湯舟に浸かって1日の疲れを取り、リラックスすることで睡眠の質が向上します。

また、あぐらや正座などの体制になって行う瞑想を5~10分と、軽く取り入れてみるのもおすすめです。

まとめ

人生の目的がはっきりしている人ほど健康についてよく考えているものであることや、健康的な生活習慣をおくる上で重要なポイントについてご紹介してきました。

不健康な生活を続けていると、生活習慣病にかかってしまう可能性が高まります。

健康的な生活習慣をおくるためには「運動」「休息・睡眠」「食生活」「リラックス」、この4つのポイントを意識していきましょう。

おススメ記事

よく見られている記事

コラム一覧
PAGE TOP

 
閉じる