FIREとは?実現に必要な3つの準備からメリット・デメリットまで

働き方改革や新型コロナウイルスの流行などを背景に、現代はこれまでの働き方や生き方が変化している状況です。日本では、以前まで1つの企業に勤め上げる考え方が一般的でしたが、近年はキャリア形成に対する見方が柔軟化しています。

日本でも人気を集めている働き方・生き方の1つが、「FIRE」です。実際にFIREという言葉を耳にし、より詳しく知りたいと考えている人は多いでしょう。

当記事では、FIREの概要や向いている人・向いていない人、メリット・デメリットなどを解説します。人生の選択肢を増やしたいと考えている人は、参考にしてください。

1.FIREとは?

FIREとは、「経済的自立を達成した上で、早期に退職して自由に暮らす生き方」のことです。退職後は、基本的に貯蓄額を元手に投資をしながら生活費を賄います。FIREを構成するアルファベットの意味は下記の通りです。

  • ・Financial:財政上の
  • ・Independence:独立、自立
  • ・Retire:退職、引退
  • ・Early:早い

FIREへの注目が集まるようになったきっかけは、アメリカの「FIREムーブメント」です。若い世代でFIREに成功した人がSNSやブログで情報を発信し、30〜40代の若いうちにFIREを目指す人が増えました。これまでになかった新たな生き方として、アメリカにとどまらず世界中で話題になっています。

特に日本では、古くから「終身雇用制」や「年功序列制」が浸透しており、1つの企業に長く勤める考え方が一般的です。そのため、自由な生き方を実現させるFIREに多くの人が惹かれています。

1-1.早期リタイアとの違い

FIREとよく混同される用語の1つが「早期リタイア」です。FIREと早期リタイアでは、退職してからの老後資金の考え方や、備え方が大きく異なります。早期リタイアの場合、貯蓄や年金、退職金などから退職後の生活費を捻出します。

一方、FIREの場合は貯蓄額を減らさないように投資を繰り返し、生活費を賄います。早期リタイアよりも必要な貯蓄額が少ないため、若くして実現させる人も少なくありません。

【無料】メルマガ登録  お得でとっておきな情報をゲット!

2.FIREに向いている人・向いていない人の特徴

FIREには向き・不向きがあり、向いていない人が無理にFIREを実現させることはおすすめできません。生活資金が足りなくなり、結局仕事を再開しなければならないケースもあるためです。

ここからは、FIREに向いている人・向いていない人の特徴を紹介します。

2-1.【向いている人】仕事を辞めた後のビジョンがある人

仕事を辞めた後のビジョンが明確になっている人は、FIREに向いています。

FIREをすると時間的に余裕が生まれるため、これまで挑戦できなかったことにも挑戦しやすい状況が発生します。ビジョンが明確な人であれば、時間を有効に使いながら、毎日の生活を有意義に送ることが可能です。特に、抱いているビジョンが会社員のままでは実現できない場合は、FIREが適しているでしょう。

一方で、ビジョンがない場合は時間を持て余してしまい、毎日が退屈に感じる可能性があります。人と接する機会が減り、孤独感を抱くケースも珍しくありません。

2-2.【向いていない人】単に仕事を辞めて楽になりたい人

「仕事を辞めて楽になりたい」という理由でFIREを実現させようとしている人は、一度思いとどまったほうがよいと言えます。

FIREを実現させるためには、資産形成・資産運用のスキルが必要です。FIREでは、年間支出額の25倍を貯蓄額として用意し、4%の運用益で生活費を補うという「4%ルール」を目安にするとよいと言われています。

単に仕事を辞めたい人は、今の仕事が合っていないだけの場合もあります。FIREを実現させようとするよりも、「なぜ仕事を辞めたいと思っているか」を明確にすることが重要です。

3.FIREのメリット・デメリット

FIREを実現させることで自由な暮らしが可能となりますが、いくつかのデメリットもあります。FIREを実現させて後悔しないためには、事前にメリット・デメリットの両方を押さえておくことが重要です。

ここでは、FIREのメリット・デメリットを2つずつ紹介します。

3-1.メリット1:働く・働かないを自身で選択できる

FIREの目的は、あくまで「自由な生活を実現させ、自身のビジョンを達成すること」です。そのため、必ずしも仕事から離れる必要はなく、働く・働かないは自身で選べます。

仮に働くとしても、最低限の生活費は確保できる状態であるため、給与や待遇よりも「自身がやりたかったこと」を重視した仕事選びが可能です。ハンドメイド作品を販売したり、ブログを収益化してみたりと、趣味の領域で取り組んできたことをベースにしてもよいでしょう。

3-2.メリット2:人生の幸福感・満足度が高まる

FIREを実現して自由な環境に身を置けば、人生における幸福感や満足度が高まりやすくなります。時間や場所に自身の生き方が制限されなくなり、好きな場所で生活しながらやりたいことを実現できるためです。

働いていると1日における多くの時間を仕事が占めるため、自由な時間は制限され、自身がやりたいことも一部しかできません。人間関係も、仕事で関わる人たちにある程度限定されてしまいます。

しかし、FIREをすれば自身の興味や関心を優先して行動できるようになり、心が満たされた状態の維持が可能です。

3-3.デメリット1:想定以上にお金がかかる可能性がある

FIREを実現させるための指標である「4%ルール」を成功させるためには、年間支出額の25年分を用意する必要があります。多くの人にとっては大きな金額であり、準備するのは簡単ではありません。

また、病気や事故など予期していなかったアクシデントが発生し、当初予定したよりも生活費が膨らむ可能性があります。経済停滞や金利の変動により、年利が4%未満になるリスクがあることも否定できません。

想定以上にお金がかかれば、貯蓄を切り崩したり、仕事をして収入を得たりしなければならなくなります。また、過度な節約が必要となり、自由な生活を楽しめなくなるケースもあるでしょう。

3-4.デメリット2:キャリアが中断される

FIREを実現させて仕事から離れれば、積み重ねてきたキャリアが中断してしまう点がデメリットです。FIRE後に働きたいと思った場合、キャリアが中断しているために就職先が決まらない可能性があります。

また、仮にFIREに失敗して就職する場合、履歴書には働いていなかった期間を「無職」として記載しなければなりません。キャリアが中断している期間は就職時の大きなマイナスとなるでしょう。

【無料】メルマガ登録  お得でとっておきな情報をゲット!

4.FIRE希望者が知っておきたい「サイドFIRE」という選択肢

FIREにはいくつかのデメリットがあるため、実現させることに不安を感じる人もいるでしょう。特に日本では、今でも終身雇用制や年功序列の考え方が社会に残っており、自由な生き方が浸透しているとは言えません。

FIREに踏み切れない人におすすめの方法が「サイドFIRE」です。サイドFIREとは、不労所得だけの収入では賄えない生活費分を、労働や株式投資などで補うことを指します。働く分の収入が発生するため、FIREが持つデメリットを最小限に抑えることが可能です。通常のFIREよりも必要となるお金が少なく、実現させやすいという特徴もあります。

サイドFIREをする際は、自身がやりたい仕事や、自由な時間を確保できる仕事を選ぶことがポイントです。仕事に対する比重が大きくなってしまうと、サイドFIREをした意味がなくなってしまいます。「最終的にはFIREを実現させること」を念頭に置きながら、最適な仕事を選んでください。

まとめ

FIREとは、「経済的自立を達成した上で、早期に退職して自由に暮らす生き方」のことであり、アメリカのFIREムーブメントを発端に日本でも注目されています。仕事を辞めた後のビジョンがある人はFIREに向いているものの、単に仕事を辞めて楽になりたい人は向いておらず、慎重な検討が必要です。

FIREには、「働く・働かないを自身で選択できる」などのメリットがある一方、「想定以上にお金がかかる可能性がある」などのデメリットもあります。FIREに不安がある人は「サイドFIRE」も選択肢の1つとしながら、今後の人生について考えてみましょう。

【無料】特別動画プレゼント!
 お得でとっておきな情報をゲット!

おススメ記事

よく見られている記事

コラム一覧
PAGE TOP
 
閉じる