人が死ぬときに後悔することを4つの軸に分けてご紹介

いつ来るかわからない死。

人は死を迎えるときにどのような後悔をするのでしょうか。

本記事では、死ぬときに後悔しないように、後悔しがちなことについて4つの軸に分けてご紹介していきます。

他人に関する死ぬときの後悔

生きていく上で他人と関わることは避けられないものですが、死ぬときに後悔することもたくさんあります。

ここでは他人に関する死ぬときの後悔をご紹介します。

他人と関わるときに我慢をしすぎてしまった

他人がどう思うかを気にしすぎて、自分の行動を抑制してしまう方は少なくありません。

自分のしたいことを我慢しすぎると生きにくく感じるでしょう。

「良い人」や「一緒にいると気が楽」と思われたくて、自分の身の丈に合わない行動をし続けると後悔することもあります。

自分らしく生きるためにも我慢しすぎないことも大切です。

他人と自分を比べなければ良かった

他人と自分を比べて頑張ろうと前向きになれるときもありますが、いつでもそういう気持ちを持てるわけではないでしょう。

また、無意識のうちに他人と比較する癖がついてしまう原因にもなり、ストレスが溜まってしまいます。

特にSNSではさまざまな人の良い部分ばかりが見えてしまいがちです。

SNSを見ないようにしたり、見る時間を制限したりするのも良いでしょう。

周囲の意見ではなく自分の気持ちを尊重するべきだった

周りの意見ばかり優先して自分の気持ちを抑え込んだ人生というのも、死ぬときに後悔してしまうことのひとつです。

もちろん、ときには他の人のアドバイスや第三者からみた意見というのは役に立ちますが、普段から周囲の意見ばかりに耳を傾けるのは辞めましょう。

また、「あのとき○○すれば良かったかも」といった後悔を感じることもあるため、もっと自分の気持ちに正直になって、意見を伝えてみることも大切です。

【無料】メルマガ登録  お得でとっておきな情報をゲット!

仕事に関する死ぬときの後悔

死ぬときに後悔することとして多いのが仕事関係ではないでしょうか。

生きていく上で仕事はつきものですが、自分に合ったバランスがあります。

ここでは仕事に関する死ぬときの後悔についてご紹介していきます。

働きすぎなければ良かった

仕事ばかりで自分のやりたかったことや、自分が大切にしたいと思う人との時間を取れなかったことは、死ぬときに必ずと言って良いほど後悔します。

仕事を頑張るのは何のためなのかを改めて見つめなおすことも大切です。

仕事よりも家族や友人といった人とのつながりを大切にすることが後悔しないための重要なポイントと言えるでしょう。

リスクを心配して諦めず挑戦すれば良かった

もちろん避けられるリスクを回避することは大切ですが、リスクを心配しすぎて挑戦せずに諦めてばかりでは人生充実しません。

やりたいことをやってみて失敗することよりも、やらないままの方が後悔するものです。

自分の人生を充実したものにするためにも、諦めずに挑戦することも大切であると言えるでしょう。

家族・友人に関する死ぬときの後悔

大切な人との時間はかけがえのないものです。

この時間を十分に確保できていたかどうかで人生の充実度も変わってきます。

ここからは家族や友人に関する死ぬときの後悔についてご紹介していきます。

もっと大切な人と過ごす時間を取れば良かった

もっと大切な人と過ごす時間を取れば良かったと後悔する方は多いでしょう。

それは死ぬときだけでは無く、仕事が忙しかったり、何かに没頭していて大切な人との時間を作ることができなかったりしたときにも感じます。

友人もパートナーも親も子どもも歳を取っていきます。

大切な人との時間はもっと優先しておくことをおすすめします。

友人との時間は大切なものだと知った

友人の大切さは歳を重ねるにつれて忘れていきがちです。

それぞれ自分の生活や目標があって、友人と疎遠になることも多いものです。

多くの方が友人との時間が大切なものであったと気づき後悔します。

最近会っていない友人に連絡してみてはいかがでしょうか?

もっと思いを伝えておけば良かった

感謝の気持ちを自分の口からちゃんと伝えておけば良かったと後悔する方は多いです。

親やパートナーに感謝の気持ちを伝えられていますか?

思いを伝えることは相手にとって嬉しいものであり、自分にとっても心を満たす行動と言えるでしょう。

また、死期が近づいたときに自分の想いを家族に伝えておけば良かったと後悔する方も多くいます。

自分も家族も気を遣って何も言えなくなってしまいがちです。

自分の思いを伝えることで、相手に迷惑をかけてしまうのでは無いかと思う気持ちもあるでしょう。

お互いに後悔しないためにも、自分の気持ちは正直に伝えるようにしましょう。

喧嘩別れをしなければ良かった

親やパートナー、子どもをはじめ、友人や会社の同僚などと意見が食い違う場面もあることでしょう。

ときには、自分の気持ちが強すぎて喧嘩をしてしまうこともありますが、喧嘩をしたまま疎遠になってしまったりしていませんか?

伝えていることは正論でも、伝え方であったり、相手の言い分もあります。

素直に謝ることで、もっと良い関係になることだってあります。

死ぬときに後悔しないためにも、喧嘩別れになっている方に改めて自分の気持ちを伝えて、謝ってみることも大切です。

【無料】メルマガ登録  お得でとっておきな情報をゲット!

自分に関する死ぬときの後悔

自己犠牲が自分を幸せにすることは少ないものです。

こちらでは自分に関する死ぬときの後悔についてご紹介していきます。

感情に振り回されないようにすれば良かった

その時の感情で動いてしまったことを後悔することがあります。

あの時は悪いことをしてしまった、相手を傷つけてしまうような言葉であったなど、感情で動くと後悔しやすいものではないでしょうか。

自分の感情に振り回されて後悔しないように、日々気を付けることも死ぬときに後悔しないポイントのひとつです。

自分の幸せを考えれば良かった

自分の人生、自分の幸せを考えてあげれば良かったと後悔する方もいらっしゃいます。

自分らしくありたかった、自分の気持ちに正直になれば良かった、自分のしたいことをすれば良かったなど、後悔するときの思いも様々です。

やりたいと感じることをやってみることが自分のためになることもあります。

改めて自分の幸せを考えた行動ができているか、しようとしているかを見つめなおしてみましょう。

幸せなことに気づけておきたかった

大きな目標や他人の幸せばかりを見てしまって、自分の幸せに気づけていない方もいるでしょう。

小さくても、あたりまえのことでも、それが幸せであることに気づけると、人生がより充実しているように感じます。

小さな幸せに気づけるように、あたりまえであったことにも目を向けてみるようにしていきましょう。

まとめ

死ぬときに後悔しないように、後悔しがちなことについて下記4つの軸に分けてご紹介してきました。

  • 他人に関する死ぬときの後悔
  • 仕事に関する死ぬときの後悔
  • 家族・友人に関する死ぬときの後悔
  • 自分に関する死ぬときの後悔

この記事を見るタイミングはさまざまだと思います。

これをきっかけに、事前に気を付けていかれる方もいれば、少しずつ変えていきたいと思う方もいらっしゃることでしょう。

人とのつながりや、自分が大切にしたいと思う気持ちや人との時間を作ることが大切です。

自分の人生に後悔することが1つでも減るように、本記事が役に立てば幸いです。

【無料】特別動画プレゼント!
 お得でとっておきな情報をゲット!

おススメ記事

よく見られている記事

コラム一覧
PAGE TOP
 
閉じる