コーチングで起業するための方法とは|独立するメリットも紹介

コーチングは、目標を持っているクライアントと対話し、目標達成をサポートする仕事です。会社経営者がクライアントとなるケースが多く、大きなやりがいや報酬を得られることから、コーチングビジネスで起業する方もいます。

コーチングで独立起業して成功するためには、コーチングビジネスの全体像や流れを正しく把握することが大切です。

今回は、コーチングビジネスの概要や起業するメリット・デメリット、起業するための必要な準備について解説します。

1.コーチングビジネスとは

コーチングとは、クライアントの目標達成をサポートするために行う指導方法です。指導といっても、コーチングはコーチが生徒に対して一方的に教えるものではありません。

クライアントは達成したい目標を持っていますが、自分一人の力では達成に時間がかかってしまいます。コーチとクライアントが対話を重ね、クライアント自身が目標達成に必要な思考・行動に気付けるよう導くことが、コーチングの指導方法です。
コーチングを受けることで、クライアントは最高の結果をスムーズに得られます。

クライアントが人生の質を高められるようサポートし、その対価として報酬を受け取ることが、コーチングビジネスのビジネスモデルです。

1-1.コーチングビジネスの全体像

ここでは、コーチングビジネスの全体像を、5つのステップに分けて紹介します。

  • ①クライアントに存在を知らせる
    コーチングビジネスを行うためには、SNS・広告・口コミなどでクライアントに存在を知らせる必要があります。
  • ②クライアントから申し込みを獲得する
    ①でコーチの存在を知ったクライアントから、コーチングの申し込みを獲得します。
  • ③インテークや無料セッションを行う
    インテークや無料セッションで参加者と対面し、最初の対話を行います。
    これは、クライアントとの信頼関係を築くために大切なステップです。
  • ④コーチングセッションを行う
    コーチングセッションからは本格的にコーチングを行います。
    クライアントの目標達成に寄り添い、必要なサポートを実施しましょう。
  • ⑤セッションの継続を獲得する
    セッション終了後もクライアントは新たな目標設定を行い、コーチング継続を希望することがあります。セッション継続の獲得は、長期支援してほしいとクライアントから信頼された証です。

2.コーチングビジネスで起業するメリット&デメリット

クライアントをサポートするコーチングはやりがいのある仕事ですが、ただ指導するだけの簡単な仕事ではありません。コーチングで起業したい方は、起業することによるメリット・デメリットを把握しておきましょう。

ここからは、コーチングビジネスで起業するメリット2つと、デメリット1つを紹介します。

2-1.【メリット】コーチ自身が大きな成長を実感できる

コーチングは自分のスキルを活かす仕事であり、成功すると必要十分な収入を得られます。
コーチングには原価や固定費などがほとんどかからないため、ビジネスモデルが軌道に乗ると報酬の大部分が利益となり、年収アップを実現可能です。

また、経済的な豊かさだけでなく、自分自身の精神的な成長を実感することもできます。
クライアントはコーチングによって目標へ至る道筋や行動を見つけようとしているため、コーチは常に自信を持っていなければなりません。
コーチングへ取り組む前向きな心が、自己成長を促してくれます。

クライアントから感謝されたり、より良い人間関係を築けたりする点も、コーチングビジネスの魅力です。

2-2.【メリット】自由度の高いビジネスを展開できる

コーチングビジネスで起業すると、働き方のスタイルや仕事内容を自分で決められます。
自分が持っているスキルに合ったコーチングを行えるだけでなく、勤務時間やセッションの価格設定も自分自身で自由に決定することが可能です。サラリーマンのように時間・場所を縛られることはなく、自由度の高いビジネスを展開できます。

また、コーチングを実施するクライアントを自分で選べる点も、起業する場合の大きなメリットです。インテークや無料セッションを通してクライアントの人柄を見られるため、波長の合わない人間を避けて、付き合いやすいクライアントと仕事ができます。

良好な人間関係を築けるクライアントを選べば、セッション継続を獲得できる可能性も高くなります。

2-3.【デメリット】自分ですべての仕事を行う必要がある

コーチングビジネスで起業すると自由度の高い働き方ができる半面、自分ですべての仕事を行う必要があります。コーチングで行う仕事内容にはコーチングセッションはもちろん、広告による集客やトラブル時の対応もあり、売上が安定するまでは不安を感じることもあるでしょう。

ただし、コーチングビジネスを軌道に乗せることさえできれば、デメリットはある程度緩和できます。無料セッションやコーチングセッションは場数を踏むことで緊張することがなくなり、集客やトラブル対応も経験を活かしてマニュアル化できます。

自分ですべての仕事を行うことは自己成長するきっかけともなるため、デメリットばかりではありません。

3.コーチングビジネスで起業するための準備

コーチングビジネスで起業して成功するためには、起業前の準備をしっかり行うことが大切です。とくにコーチングはクライアントとの関係が重要であるため、クライアントまわりのことは明確に決定しておきましょう。

最後に、起業前に準備するべきことを、3つのポイントに分けて解説します。

3-1.クライアントを設定する

まず、クライアントの設定を行いましょう。クライアントはコーチングを提供して報酬を得る対象であると同時に、長期的な関係を築く可能性がある人物です。

コーチングのビジネスモデルはクライアントにより左右されるため、クライアントの属性や理想像を明確に設定してください。

  • 主なターゲット層(年齢・性別・職業・年収・個人or法人)
  • クライアントが抱えている課題や目標のジャンル
  • 理想的なクライアントの人柄

など

また、セッションを断るクライアントの基準についても考える必要があります。
クライアントが横柄な性格であったり、コーチングに強い不信を抱いていたりすると、コーチングで正しい成果が得られません。

クライアントが抱える課題・目標が自分の能力を超える場合についても、セッションを行うかどうかを考えておきましょう。

3-2.クライアントに提供する商品を作る

次に、設定したクライアントに提供する商品を作ります。提供するコーチングの内容だけでなく、セッションにかける時間・頻度や料金設定など、システム面の大枠を決めてください。

  • 提供するコーチングの内容やジャンル
  • セッション1回あたりの時間
  • セッションを行う頻度と回数(1か月あたり何日か)
  • セッションの料金システム
  • セッションの提供方法(オフライン開催もしくはオンライン開催)

また、ビジネスとして成功させるためには単価を上げる工夫も必要です。
コーチングに活かせる自分の強みやスキルを分析して、他者と差別化できる商品を作りましょう。

  • 自分の得意分野は何か(ビジネス・事業運営・お金・人間関係など)
  • 自分が身に付けたスキルやキャリアは何か
  • 電話やメールでフォロー体制を作れるか

3-3.クライアントを獲得するためのセールススキルを身に付ける

優れた商品を作り上げても、クライアントとの成約に至らなければ収益は生まれません。
コーチングビジネスを成功させるためには、インテークや無料セッションでクライアントを獲得する「セールススキル」が必要です。

コーチングのセールススキルでは、クライアントに信頼感を与えることが重要となります。
強引な売り込みはせず、クライアントが抱えている悩みや問題と真剣に向き合う姿勢を見せましょう。セールススキルに自信がない方は、事前に相談内容と答えを書いた台本を作成し、反復練習する方法をおすすめします。

ここまで紹介した3つの準備を行うことが、コーチングビジネスで起業して成功するためのコツです。クライアントのことを考えつつ、コーチングで起業する準備を進めましょう。

まとめ

コーチングは、クライアントの目標達成をサポートする仕事です。コーチングの全体像を把握することで、成功するビジネスモデルを作れます。コーチングビジネスで起業する場合、自由度の高い働き方ができること、コーチ自身も成長を実感できることがメリットです。

コーチングビジネスで起業して成功を収めるためには、起業前に入念に準備する必要があります。クライアントを設定したうえで提供する商品を作成し、セールススキルを身に付けることで、成功確率を上げられます。

コーチングはクライアントの人生に大きな影響を与える、やりがいのある仕事です。
コーチングビジネスの起業に興味を持っているなら、積極的に挑戦してみましょう。

PAGE TOP