コーチングビジネスとは?始め方と知っておきたい成功のポイント

コーチングビジネスとは、企業や個人の目標達成のためにコーチングを行い、収入を得るビジネスです。
「コーチングビジネス」という言葉は聞いたことがあっても、コーチングビジネスの具体的な内容を理解している人は少ない傾向にあります。

本記事では、コーチングビジネスの種類から、コンサルティングとの違い・コーチングビジネスが向いている人の特徴・始め方まで解説します。
コーチングビジネスのリスクを踏まえた成功のポイントも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.コーチングビジネスとは?

コーチングビジネスとは、企業や個人の目標達成のために「コーチング」を用いて対象者をサポートし、対価を得るビジネスです。
また、コーチングとは「自分自身の力で目標を達成させるために、対象者の行動変容を促す技術」のことを指します。

コーチングビジネスの収入は「セッション(面談)代金」「クライアント数」「セッション回数」の3要素で決まります。
例えば、1回あたり2万円のセッション代金で、対象者10名のクライアントにひと月で各2回セッションを行った場合、月収は40万円という計算です。

また、個人セッションだけでなく、集団研修などの仕事を受ければ収入はさらに上がります。
中には年収1,000万円以上稼ぐプロコーチもいるため、夢のあるビジネスといえるでしょう。

1-1.コーチングの種類

コーチングの内容は幅広く、クライアントの数だけコーチング内容があるといっても過言ではありません。
コーチングビジネスを始める場合は、まずはコーチングの種類に関して理解を深めましょう。

コーチングの種類は「ビジネス分野で行われるコーチング」と「ビジネス以外で行われるコーチング」に分かれます。

対象者 内容
ビジネス ビジネスマン・経営者・企業など
  • 作業効率改善
  • 成果創出
  • 部下育成
  • 経営課題解決
ビジネス以外 個人
  • 人間関係
  • 家庭問題
  • 恋愛
  • お金
  • 健康

上記の通り、コーチングの内容にはさまざまなテーマがあることが分かります。
ただし、どのテーマにおいても「クライアントの悩み・問題点を解決する」という本質は変わりません。

1-2.コーチングとコンサルティングの違い

コーチングと混同されやすいビジネス形態に「コンサルティング」があります。

コンサルティングとは、クライアントの業績を伸ばすためにデータ・専門知識・実例などを元にして「指導」をする形式です。
例として、経営コンサルティング・人事コンサルティング・ITコンサルティングなどが挙げられます。

一方、コーチングとは、専門的な指導ではなくクライアントに寄り添った形で「助言」をし、クライアント自身の気付きや成長を促します。
一方的にコーチの考えを押し付けることはせず、「クライアントが求める答えや解決方法は全てクライアント自身が持っている」という方針でゴールまで導きます。

2.コーチングビジネスが向いている人の特徴

コーチングビジネスはクライアントに寄り添うことが求められるため、人によって向き不向きがあります。
以下は、コーチングビジネスが向いている人の特徴です。

〇コーチングビジネスが向いている人の特徴

  • 話を聞くことが好きな人
  • 人間観察が好きな人
  • 人の気持ちを敏感に感じ取れる人
  • ポジティブな人
  • 人のサポート・応援が好きな人

「傾聴力」はコーチにとって重要な能力です。
そのため、クライアントの話を親身になって聞ける人は、プロコーチの素質があります。

一方で、話を聞くことが苦手な人や、クライアントに対してアドバイスや解決策を押し付ける人はコーチに向いていません。
クライアントに明確な解決策を提案したい場合は、コンサルタントを目指したほうがよいでしょう。

また、プロコーチには「観察力」や「共感力」も求められます。
クライアントを観察し、本人も気付いていない考えや意識を対話によって気付かせてあげることが、コーチングにおける大切なポイントです。
また、クライアントの境遇や悩みに心から共感することで、クライアントとの信頼関係をいち早く築くことができます。

3.コーチングビジネスの始め方

コーチングビジネスを始める際は、具体的な流れを把握することが大切です。
自分の専門領域・クライアントの獲得方法・セッションの方法を予め考えることで、いち早くプロコーチとして独立できるでしょう。

以下では、コーチングビジネスの始め方や流れを紹介するため、ぜひ参考にしてください。

3-1.ポジショニングを決めサービスを考える

まずはポジショニングを決め、具体的なサービスを考えましょう。

自分がどの領域を専門としてコーチングを行うかを決めることで、ポジショニングも自然と確立されます。
また、ポジショニングにおける信頼性を上げるために、専門知識を勉強して資格を取得したり、実績を作ったりするとよいでしょう。

例えば、ダイエット領域でコーチをする場合は「栄養士資格」や「エアロビクスインストラクター」などの資格があれば、クライアントからの信頼度も上がるでしょう。
ファイナンス領域であれば、「ファイナンシャル・プランナー」の取得もおすすめです。

また、サービスに関しては、他者が真似できない独自性の高いサービスを考えることで、ライバルとの差別化ができます。

3-2.情報発信を行いクライアントを集める

コーチングの質がよくても、クライアントがいなければコーチングビジネスは成り立ちません。
自分やサービスを知ってもらうために、積極的に情報発信してクライアントを集めましょう。

情報発信をする際は、複数のSNSメディアを使うことでより多くの層にリーチできます。
新規のクライアントを獲得するためには、フォロワーを増やすことが欠かせません。
有益な情報や拡散されやすい情報を継続的に発信することで、フォロワー数も少しずつ増えるでしょう。

また、SNSでの発信以外にも、企業に営業を行うなどの足を使った宣伝も大切です。

ある程度クライアントを獲得できたら、クライアントの紹介で新たなクライアントが増えることも多くあります。
「クライアントを紹介した場合はセッションが1回無料」などのサービスを提供することも、クライアントを増やすうえで有効です。

3-3.コーチングセッションを行う

クライアントからコーチングの依頼があった段階で、いよいよコーチングセッションが始まります。
提供するセッションプランにもよりますが、1対1のコーチングが基本となるでしょう。

1対1で対応しきれないほどクライアントが増えた場合は、セミナー形式でセッションをすることもおすすめです。

4.コーチングビジネスのリスク|リスクを踏まえた成功のポイント

コーチングビジネスは、比較的少ない初期投資で始められるビジネスです。
しかし、コーチングビジネスにもリスクは存在するため、注意しましょう。

〇コーチングビジネスのリスク
コーチングビジネスの最大のリスクは「クライアントの獲得」です。

コーチングビジネスはクライアントがいないと成り立たない職業であり、クライアントがいない限り収入も入りません。
そのため「自らクライアントを獲得する」という熱意や、具体的な戦略がない場合は安易に始めないほうがよいでしょう。

〇コーチングビジネス成功のポイント
一方で、コーチングビジネス成功のポイントは信頼できる「実績」を作ることです。
実績があることで、クライアントを獲得しやすくなります。

そのため、プロコーチとしてビジネスを始めるときは、スキルや知識の習得だけでなく、実績を作ることにも注力しましょう。
具体的には、まずは自分がコーチングを受け、クライアントとして成功することが大切です。

実際に成功している多くのプロコーチは、クライアントとしてコーチングを受けたり、コーチ養成講座などを受講したりしています。

株式会社アウェアネスでは、コーチングに必要な知識や心得などの要素を学ぶことが可能です。
トッププロのコーチから間近で学ぶことができるため、ぜひ受講してみてください。

まとめ

コーチングビジネスは、ビジネス領域はもちろん、ビジネス以外の領域でも多数行われており、クライアントの悩みや問題を解決するやりがいのある職業です。

プロコーチは、傾聴力があり、相手に寄り添ったコーチングができる人が向いています。
また、情報発信を積極的に行うことで、多くのクライアントを抱えるコーチになれる可能性が広がるでしょう。

コーチングビジネスを始めたい場合、まずはクライアントとして成功することが大切です。
株式会社アウェアネスでは、トッププロのコーチからコーチングの基礎を学べるため、ぜひ利用してみてください。

PAGE TOP