考え方の変え方|マイナス思考から抜け出し人生を変えるためには?

「人生がうまくいっていない」「人間関係が苦手」などの悩みは、気分が落ち込んだりやる気が薄れたりする原因となります。マイナス思考から抜け出すためには、考え方を変えることが1つの方法です。本当に考え方を変えられるのか知りたい人や、考え方を変えることに不安がある人は、まずは「考え方の変え方」を正しく理解しましょう。

当記事では、考え方を変える基本的なポイントと具体的な方法について解説します。考え方の変え方を学べば、マイナス思考から抜け出して人生も変えられるでしょう。

1.考え方の変え方|基本的な2つのポイント

マイナス思考から抜け出すために考え方を変えたいと思っても、何をすればいいのか分からず取り組めていない人は多く見られます。考え方を変えるためには、自分の考え方の傾向を理解することが大切です。その上で、行動パターンや環境を変えていきましょう。

ここでは、考え方の変え方で基本となる2つのポイントについて解説します。

1-1.考え方の癖に気づく

考え方の癖に気づくことは、考え方を変える第一歩です。「周りと比べてしまう」「0か100かで考えてしまう」などの考え方が癖となっている人はストレスを抱えやすく、マイナス思考に陥りやすい状態にあります。マイナス思考につながる考え方が癖となっている人は、下記の考え方を意識してみましょう。

  • ・事実のみを見る
    考え方を変えるためには、起こったことを事実として受け取ることがポイントです。「友だちが海外旅行を満喫している」「同僚が大きな仕事を任された」ことは事実でも、「羨ましい」「自分なんて」という気持ちは思考と感情にすぎません。事実のみを見て、比較思考やマイナス感情を切り離して考えることを習慣にしましょう。
  • ・反応を決めておく
    イライラや不安につながることに対して、反応をあらかじめ決めておくことも効果的です。ネガティブな感情を抱かないためには、客観的な見方で物事を考える必要があります。イライラしている人を見かけたら「疲れているのかもしれない」「困っていることがあるのかもしれない」と客観的な考えを心がけ、自分の感情をコントロールしましょう。

1-2.行動・環境を変える

同じ行動を続けていると、考え方や思考パターンはマンネリ化します。考え方や思考に変化を与えるためには、行動・環境を変えることがポイントです。行動・環境を突然大きく変えるのではなく、日常生活における小さな変化を意識してみましょう。行動・環境を変える具体例は、下記のとおりです。

  • 普段より少しだけ早寝早起きを意識する
  • いつもの通勤ルートを変える
  • 休日の過ごし方に散歩を取り入れる

中には、相手の行動や価値観がストレスや不安の原因となることもあります。しかし、相手の行動や考え方を変えることは難しいため、自分自身が変えられることを探して実践してみましょう。

2.考え方を変えられない3つの理由

考え方を変えたい気持ちはあっても、なかなか実践できずに悩んでいる人は少なくありません。また、変え方を実践したものの、うまくいかなかったという人もいます。マイナス思考から抜け出して人生を変えるためには、考え方を変えられない人の心理や理由を知っておくことが必要です。

ここでは、考え方を変えられない3つの理由について解説します。

2-1.変わることによる周囲の反応が怖い

自分が変わったことへの周囲の反応が怖いという心理から、考え方を変えられない人もいます。「最近変わったけれどどうしたの」「何かあったの」などの反応に、変わった自分が周囲の目に変に映っているのではないかと不安に感じる人は少なくありません。

変わることによる周囲の反応が怖いという感情は、マイナス思考の引き金となります。周囲の反応にネガティブな影響を受けないための解決策は、下記のとおりです。

  • 変わった自分にポジティブな反応を示してくれる友人や仲間を作る
  • 努力する姿を応援してくれる場所や存在を見つける

「君子は豹変す」という故事があります。本来、状況や必要に応じて考え方を変えることはポジティブな行動であるため、周囲の反応は気にしすぎないようにしましょう。

2-2.なかなか行動を起こせない

変わりたいと思っていても、なかなか行動を起こせない人もいます。「周囲の反応が怖い」「自信がない」など、行動に移せない理由は人それぞれです。

変わりたくてもなかなか行動を起こせない場合、マイナス思考から抜け出すことは難しいといえます。行動・環境を変えられずに悩んでいる人は、下記の解決策を実践してみましょう。

  • 1日だけ理想の行動を取ってみる
  • 周囲と比較しない
  • 友人や知人がいない状況で行動を変えてみる

行動・環境を変え続けるとなると、ハードルが高く感じ、行動を起こせなくなってしまいます。まずは1日を目標に行動・環境を変えてみることがおすすめです。

2-3.すぐに結果を出そうとしている

早々に結果を求めることも、考え方を変えられない理由の1つです。すぐに結果を出そうとすると、失敗したときにマイナス思考から抜け出せなくなります。

すぐに結果を出そうとしてしまう人は、次の流れをイメージすることがポイントです。

  • 理想の考え方をイメージする
  • 行動や環境を変えてみる
  • 自分が心地よいと感じる考え方を選ぶ

考え方を変えるための行動は、すぐに結果につながるとは限りません。焦ることなく、小さな成功体験を積み重ねて内面を磨いていきましょう。

3.今日からできる!考え方を変える3つの方法

変わりたいと思う気持ちが強いときは、マイナス思考から抜け出すチャンスです。人間関係で悩んでいる人や本気で考え方を変えたいと思っている人は、今すぐに行動に移しましょう。

ここでは、今日からできる考え方を変える3つの方法について具体的に解説します。

3-1.どのようになりたいか言葉にする

考え方を変えるためには、自分がなりたいイメージを言葉にすることが効果的です。「感謝を伝えられる人になりたい」「前向きな言動ができるようになりたい」など、自分が目指したいイメージを明確にします。家族や友人に聞いてもらったり紙に書き出したりして、自分の中にあるイメージを形にしましょう。

さらに、実際に行動して感じたことや変わったことをノートに記録することで、考え方の変化を可視化できます。考え方が変わった後、どのような自分でいたいかもイメージしておきましょう。

3-2.尊敬する人や成功している人の話を聞く

尊敬する人や成功している人たちの話からは、考え方や価値観を変えるきっかけを知れます。自分にはない考え方や価値観に触れることで、なりたい自分のイメージを明確化したり考え方を変えるヒントを見つけたりできるでしょう。

他者の一言が人の考え方を変えることはめずらしくありません。ただし、胸に響く言葉は人によって異なります。目標となる人の会話に耳を傾けたり本から情報を集めたりするなど、考え方を変えるヒントを探してみましょう。また、考え方を変えたい人やマイナス思考から抜け出したい人の潜在能力や可能性を引き出す「コーチング」の活用もおすすめです。

3-3.学んだことをすぐ実践する

人から聞いて刺激を受けたことや本を読んで学んだことは、すぐに実践しましょう。インプットしただけで満足するのではなく、アウトプットして自分の知識や経験に変えることが重要です。

実際に行動したことが自信となれば、次の行動への糧となります。一方で、苦痛に感じる行動はマイナス感情につながるため注意が必要です。実践して「プラスの変化があった」「無理なく続けられる」と感じたことは続け、合わなかったことは無理をせずにやめましょう。

まとめ

考え方を変えるためには、自分の考え方の癖を理解し、行動・環境を変えることがポイントです。しかし、変わることに対する周囲の反応が怖かったり、すぐに効果を出したくて焦ってしまったりして、思うような結果につながらず悩む人は少なくありません。

考え方を変えたい人は、なりたい自分をしっかりイメージし、尊敬する人の話や本などから学んだことをすぐに実践してみましょう。自分の考え方を変えるためには、コーチングの活用も1つの方法です。実践してプラスの変化が得られた方法を継続して、マイナス思考から抜け出しましょう。