YOHEI TAMADA

プライオリティ マスター コーチング
8期生インタビュー

玉田 洋平

歯科医師
医療法人ワイワイ会 理事長 取締役

PMC 8期生(2019年1月~)

1985年生まれ。三重県出身。
2011年大学卒業後 愛知県へ移り臨床研修医、2012年臨床研修を終え開業医に勤務、2013年 ワイワイデンタルクリニック赤池、ワイワイデンタルクリニック下呂を開院、2016年医療法人ワイワイ会へ医療法人化、2018年ワイワイデンタルクリニック鈴鹿を開院、現在3つの歯科医院を経営。
歯科医療の中でも、訪問歯科診療に特化しており、 『人生の最後まで噛める喜びを人生を噛みしめて生きよう』という考えのもと、老人介護施設や在宅介護を受けている高齢者の方、障がいを持った方、への歯科医療の提供に尽力を尽くしている。

人生理念は
ひとつでも多くのことに挑戦し
ひとつでも多くのことを学び
ひとりでも多くの人と関わる

全ての経験を自己成長につなげ、他の人の役に立つよう生きる事。
歯科医療を通じてひとりでも多くの方を幸せにする事が、わたしの幸せであり使命と考えている。

趣味は
読書・筋力トレーニング、自己成長

PHOTO
QUESTION

なぜ、PMCを受けようと思ったのでしょうか?

自分自身の夢を実現する為です。
わたしは夢の実現には、燃えるような願望と、そこに向かう無限のエネルギーと、未知の世界に飛び込む勇気、綿密な計画と戦略が必要だと考えています。
PMCは熱いエネルギーと、消えない勇気、最高の知恵をわたしに与えてくれるのではないかと確信致しました。
自分自身の努力に加えてPMCを受講して、自分自身の最良願望を明確化し、その願望に向かって、最短距離で最速で駆け抜けていけるように頑張りたいです。

なぜ、髙橋マスターコーチでなければならないのでしょうか?

理由はシンプルなのですが、 髙橋マスターコーチがわたしの知る中で1番の成功者だと思うからです。
髙橋マスターコーチの考え方や、物事に取り組む姿勢、家族や職場での人間関係、事業の成果、全てがわたしの理解の範疇を飛び越えたものでした。
そんなマスターコーチから1つでも多くのことを学びたいと思っています。

【PMC 1回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

第1象限の問題解決において一番大事なことは、第2象限の割合を増やすことだという事に気づきました。
8バランスを意識した第2象限の計画を立て、日々行動することで、ほとんどの緊急事態は回避出来ると学ばせていただきました。
これは自分自身の経験でも、実感していた事があります。
第2象限を計画通り行っている時は、自分自身のモチベーションも高く、内面から自信と力がみなぎってくる感覚がありました。

次回のコーチングまでに何をすると決められましたか?

スケジュールを第2象限で埋める。
2週間分の第2象限のスケジュールを立てる。
計画したスケジュールを実行してみて、その後、何ができて、何ができなかったか、フィードバックする。

【PMC 2回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

今回の二回目のPMC受講を終えての一番の気づきは、自分自身の仕事観、本当にやりたい仕事に気づいたことです。以前の私は一生遊べる程のお金をもらえるとしたら、今の仕事を続けるか?という問いに、自信をもってYESと答えることができなかったのですが、その理由が自分の中ではっきりしませんでした。髙橋マスターコーチのコーチングを受けて、自分の本当に求めている仕事の形がはっきりとしました。今までは誰のために、何のために今の仕事をやっているか、はっきりしなかったのですが、コーチングを通して自分の求めていた仕事、自分が楽しめる仕事の形が見つかりました。今まで以上に仕事に、やりがいと、楽しさと、ワクワク、を見つけることができそうです。これからが楽しみで仕方がありません。

次回のコーチングまでに、何をすると決められましたか?

新しい革命的な歯科医院像のアイデアを10個考えてくる。
お付き合いは週に2回までにする。

PMC8期生 一覧
トップページ