目標達成を実現する人の考え方とは?成功するためのコツを解説

会社におけるプロジェクトの成功、売上や営業成績の向上など、多くの人が「実現したい目標」を持っています。しかし、目標を持ちながらも、目標達成に向けた行動を継続できず、目標を実現できないでいる人は少なくありません。

目標達成には、個人の資質以上に、目標を実現するための考え方や方法論が鍵となります。

そこで本記事では、目標を達成している人に共通する考え方や方法、そして目標達成を成功させるためのコツについて解説するため、ぜひ参考にしてください。

1.目標達成を実現する方法

目標達成を実現するためには、目標設定を行い、行動を継続しつつ、常に行動を振り返るという3つのプロセスが必要です。目標を実現している人は、多かれ少なかれこの手順を実践しています。

ここでは、目標の設定・行動の継続・行動の振り返りについて、具体的な方法を解説するため、自分の目標を達成するための参考としてください。

1-1.目標を設定する

目標達成に向けた1つ目の手順は、「目標を設定すること」です。ただし、やみくもに高い目標を設定するべきではありません。目標を立てる際は、以下のことを意識してください。

目標設定で意識すること
1 無理なく達成できる目標か
2 本当に達成しなければならない目標か
3 達成した際に、どのようなメリットがあるのか

目標設定では、無理なく達成できる目標を立てることが非常に重要です。負担のかかり過ぎる目標設定は、挫折につながります。目標設定において大切なことは、最終的な目標・ゴールを、継続できる行動へと落とし込むことです。

また、目標設定時には、本当に達成しなければならない目標なのかを吟味しましょう。人間は、本当に達成する必要があることでなければ、モチベーションを維持することはできません。
モチベーションを維持するためには、目標設定の段階で、達成した際のメリットを明確にすることも有効です。

1-2.行動を継続する

適切な目標を設定した後は、目標達成に向けた行動を実践します。自分の持つ時間、行動力などあらゆるリソースを注いで、行動を継続しましょう。行動を妨げるような障害が起こっても、立ち止まらないことが大切です。

なお、行動を継続することが困難となるケースには、いくつかの要因があります。
例えば、目標設定が適切ではない場合です。その場合には、目標から設定し直す必要があります。また、目標達成に向けての障害があり、問題が生じてしまう場合には、行動そのものや行動計画を振り返ることが必要です。

1-3.行動を振り返る

行動を着実に継続するためには、行動の振り返りが欠かせません。1週間に1回、あるいは10日に1回というように、定期的な行動の振り返りを行ってください。

振り返る際には、行動を阻んでいる障害を洗い出します。ダイエットを例に挙げると、目標達成のための行動を「毎日1時間のウォーキング」に設定した場合、毎日1時間の時間を確保する必要があります。
しかし、現実に毎日1時間を確保するのは難しいことです。

そのため、これまでの行動計画を実現可能な計画へと変える必要があります。例えば、自宅から駅までを徒歩にするなどであれば、行動に移しやすいでしょう。
このように障害を洗い出し、解決策を行動へとフィードバックすることで、目標の実現に近づくことができます。

2.目標達成を妨げる4つの行為

目標を達成するためには、「目標達成を妨げる行為」を排除することが必要です。実は、目標達成の成功率が低い人には、共通して行う行為があります。目標を設定する際、あるいは行動時に、以下の行為を行っていないか注意してください。

●過去に失敗した方法を取ってしまう
人間は、自分の経験を基準として行動する習性があります。過去に失敗した方法を選択しないように、現在と過去の行動を常に比較することを意識しましょう。

●行動の停滞をネガティブに捉えてしまう
新たなことを行う際は、停滞や障害は付き物です。障害に出くわしたとしても、「自分はダメな人間だ」などとネガティブに捉えず、「それが当たり前のことだ」とポジティブに考えましょう。

●目標を周囲に隠してしまう
設定した目標は、家族や同僚など周囲の人に伝えることをおすすめします。自分の目標を周囲の人に話すことで責任感が生まれ、目標を達成しやすい環境を作ることが可能です。

●周囲の助けを拒絶してしまう
目標達成に向けて行動している間は、積極的に周囲の援助を受けましょう。特に、成功者のアドバイスは有益な情報が多いため、自分の行動に取り入れることでより成功率が上がります。

3.目標達成に向けたモチベーションを維持するコツ・ポイント

目標達成に向けた行動を継続するためには、モチベーションを維持することが非常に大切です。モチベーションが低下していると、目標を達成する中で直面した障害や困難を乗り越えることはできません。
モチベーションを維持するための主なコツ・ポイントは、以下の通りです。

●モチベーションの低下を防止するために行うこと
行動を継続するためには、以下のことを心がけましょう。

  • 中間的な目標を設定する
  • 最低限のノルマを設定する
  • モチベーションを維持できる環境を作る

モチベーションの低下を予防する方法の1つ目は、中間的な目標を設定することです。最終的な目標につながる中間的な目標を設けることで、中間的な目標を達成するごとにモチベーションアップが見込めます。
マラソンのような最終目標への長い道のりを、短距離走のような短いスパンで捉えることが可能です。

また、モチベーション維持のために、最低限のノルマを設定しましょう。日々の行動について、最低限のノルマを設けることで、行動を習慣化することができます。

モチベーションを維持するためには、環境の整備も効果的です。例えば受験生の場合、予備校の自習室など勉強せざるを得ない環境を利用しましょう。自分の自制心のみでは、モチベーションを維持することは簡単ではありません。
環境的な強制力を活用することで、モチベーションを維持することが可能です。

●モチベーションが低下した際に行うこと
上記のような予防策を取っていたとしても、モチベーションが低下する場合があります。モチベーションが低下した際には、目標達成によるメリットをイメージしましょう。
目標達成によって得られるメリットを具体的にイメージすることで、低下したモチベーションを復活させることにつながります。

4.目標達成をサポートするグッズ・セミナー

目標達成には、グッズやセミナーの活用も有効な手段です。システム手帳などのグッズを利用し、目標や行動を可視化することで、現在の課題や到達度を把握しやすくなります。

目標達成のために積極的に活用できるグッズとしては、以下のものがあります。

グッズ名 特徴
システム手帳
  • 目標や行動を具体的に書き出すことで、現在の状況を客観視できる
  • 振り返りや障害の洗い出しが容易となる
ラミネートカード
  • 行動するべきことなどを記入し、見える化できる
  • 財布や手帳などに挟み、繰り返し見ることで、自分の頭に行動すべきことを刻み込むことができる
マインドマップ
  • 頭の中で考えていることを見える化できる

また、目標達成に向けたマインドやスキルを鍛えることができるセミナーやスクールも存在します。「AWARENESS」では、目標達成に向けた行動の土台となる思考法やフレームワークなどを通じて、目標を叶えるための習慣を身に付けることが可能です。

さらに、成功者の行動習慣やセルフコントロール術なども学ぶことができます。仕事の目標などで悩んでいる人は、「AWARENESS」のセミナーをぜひ一度見学してください。

まとめ

目標を達成するためには、適切な目標を設定し、行動を継続することが重要です。行動の継続と同時に、振り返りを行うことで、目標達成を妨げる障害を除去できます。
目標達成に向けたモチベーションを維持するためには、中間的な目標を設けたり、最低限のノルマを設定したりすることが効果的です。

また、「AWARENESS」のセミナーを利用することで、目標達成に向けたマインドやスキルを学ぶことができます。目標達成に向けて最善の方法を探している人は、ぜひ一度「AWARENESS」の利用を検討してみましょう。

▼▼ なぜ「FIRE」なのか、無料受講はこちら ▼▼
▼▼ なぜ、今「FIRE」なのか、無料受講はこちら ▼▼