YUMI TAKAMI

高見 友美

RESET-LIFE合同会社 代表

PRIORITY MASTER COACHING:5期生(2017年12月~)

短大卒業後、事務社員より結婚を機に専業主婦となるが、30歳のときに自身の分岐点と捉え、社会へ復帰。
「手に職をつける」ためWeb業界へ飛び込む。
終電&徹夜、土日も家で仕事の毎日。
30代後半体力の低下と家事との両立に悩み、体調を崩し、働く女性を「支えるしくみ」が必要であると考え始める。

その後、東証一部上場IT企業にて、営業、採用、Web人材マネジメントと多岐にわたり業務を遂行。
採用時代年間1,000人以上の面接、100人以上のマネジメントを実施。
傾聴力と引き出す力の必要性を感じ、「一般社団法人産業カウンセラー」を取得。

一生涯の仕事として「働く女性の社会進出に貢献したい」と考えたときライフオーガナイズと出会い、「暮らしのしくみ化」を実現できると実感。
2017年にリセット・ライフスタイリストとして、独立起業。

現在は、企業向けにカウンセリング業を行うほか、個人向けに、日々多忙な働く女性に対し「癒しの場となる暮らしのしくみ」をつくること、そこに至るため、現在の阻害要因と本来の幸せのカタチを探り、新しい自分の暮らしへ向かう「リセット・ライフ」を考案。
より"前進する暮らし"を望む女性のサポートを展開中。

PHOTO

QUESTION

なぜ、PMCを受けようと思ったのでしょうか?

2017年の今年、独立起業をすることを決めていました。

その中で、今年5月にAWARENESSセミナーに出会い、学びを進めていくうち、それまで希望する未来への道筋が見えにくかったものが、より鮮明になっていくさまを実感することが出来ました。

よりスピード性を持ち、より深く自分自身と向き合い、道筋を明確化するために必要だと感じ、今回の受講を決意しました。

なぜ、髙橋マスターコーチでなければならないのでしょうか?

8バランスを手に入れている、経営者の方とお会いしたのは初めてでした。
財力だけでなく、人間関係や健康を含む、すべてを手にしている。
衝撃でした。
そして、人に対する熱量や想い。波動。
これらを近くで「浴びる」ことで、自身の変化を一気に起せると確信したこと、単純にここまでの方と一対一でお話しする機会を作りたかった、という背景があります。

学ぶにあたり、「机上の空論」は必要ないと思っています。
実践している方から学ぶ機会がある。
PMCのお話を聞いたその日のうちに、このチャンスは逃すべきではない、と申し込みを決意しました。

もうひとつは、実は早起きすることが苦手でした。
それがTOS受講の翌日から、ピタリと起床できるように。
これも、自分自身で衝撃でした。
「腑に落とす」ことの重要性と、ここまで明確に"落としていただける方"は、髙橋マスターコーチ以外にいらっしゃらない。
これらが、髙橋マスターコーチでなければならない理由です。

【PMC 1回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

「希望する未来への道筋」を確実に加速化させるためには、基盤となる“自分の在り方”のセットアップがまずは重要であること。
またそのセットアップを阻害しているモノを知ることが重要であること。

今まで、「相手の気持ちを引き出すこと、受け止めること」に注力しており、「自分を開放すること、受け止めてもらうこと」への躊躇がありました。
髙橋マスターコーチの“波動を浴びる”イメージで赴きましたが、実際は”絶対安心領域の中に包み込まれる”状態でした。

「今の自分を止めていたもの。その答えはすべて自身の中にある」
これを引き出していただき、コーチング直後から下記が始まりました。

  1. 心地よい開放感と安堵感で満たされた
  2. 自己承認が高まった
  3. セルフコーチングが自然と出来るようになった

今までもセルフコーチングはある程度“意識”をして行ってきましたが、一人では限界があるということ。
髙橋マスターコーチの的確かつ”コーチング”を意識させることのないその場の空気づくりと寄り添いがあり、気が付くと心が開けているさまを自ら感じ、改めてコーチングの質の高さに驚くとともに、メンターの必要性を感じました。

そのため、まだ1回目かつ髙橋マスターコーチがおっしゃるところの「セットアップ」ではありましたが、ひとつ行動を起こすたびに、「今の行動で良かったか」「リカバリーするには」「次回であったら」これらが自然と思い浮かぶようになり、落ち着いた気持ちで捉え、考えることが出来るようになりました。

良い意味での”より良い人生を送るためには”の「欲」のおかげで、
  • 今一度自身の行動、感情を振り返ること
  • 長期的視野でものごとを見ること
今までの固定概念を横に置いてできるようになっています。

そして今まで、6時半に起床していましたが、さらに早く5時半に起床できるようになり、朝の時間の有効活用が加速されています。
半年後の自分の変化が、今から楽しみでなりません。

何を強く決められましたか?

すべてはどう自己を知り、向き合い、行動するか。
そのために、下記を実行します。

  • すべてを”解釈”ではなく、「事実かつ肯定的」に受け止める
  • 最重要事項に向かうための習慣を形成する
  • 自然と起こるセルフコーチングのほか、「最優先事項」に対するセルフコーチングを、朝・午前中・午後・就寝前の最低4回行う
  • 行動はどうであったか、他にとれる行動はなかったのか、自己の選択肢を増やす

【PMC 2回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

「まずは、動かす。」
1回目のコーチング後から2回目までの1か月間、大きな変化が自身の中でありました。
一つのことが動き出すことにより、その後の動きが加速する。
気持ちも行動も同じ。
少しでも意識して”自らを動かす”ことが次の大きな動きへとつながることを実感しました。

ただ、自分ひとりで“動かす”ことは、なかなか難しい。

コーチングを受けることでそれが可能となり、最良、最速な結果を得ることが出来始めました。
また、動かすことによって起こりえるアクシデントでさえも、受け止めていただける存在があると思えるため、より思い切って進もうと思えるまでになりました。

何を強く決められましたか?

1つ目はより積極的に、より恐れずに「自身を動かす」こと。
そして、そこで見えてきたものを味わうこと。

2つ目は心を揺さぶる出来事、解釈に走りそうな出来事と向き合った際、解釈で「見えている」デメリットの、反対側のメリット面に注目する。
物事はすべて、2極の面が存在する。
だからこそ、自分がデメリットと感じた出来事には必ずメリットがある。
そこに目を向けられるようにする。

【PMC 3回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

「学びとは人の役に立たせるまで」
今までの学びがいかに、独りよがりのものであったのかを気づくことが出来ました。
学びとは知識を入れるだけのことではなく、一人で成長を感じ取るものでもない。
本質的な「学び」の意味を知ることが出来ました。

何を強く決められましたか?

人と関わるときは、傾聴&自己開示。
価値観や考え方を伝えきることに集中する。

【PMC 4回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

「人とより深い関わり合いを持ちたいけれど、どこか演じている自分がいる」
そんな風に以前は感じていましたが、AWARENESSの学びを通して「自分を出すこと」を意識してみると、人とのかかわりも深くなっていくことを感じていました。

ただそれと同時に、どこかで”出している”自分は原理原則的に正しいのか?人に自分を押し付けることにはならないのか?と問いかけている自分がいました。
そんな私に、髙橋マスターコーチから
「間違い、あるいは正しいという判断基準をつくるから、二面性が生まれる。中途半端なかかわりでは信頼関係は生まれない。それは、自分に対しても、相手に対してもしかり」と伺い、大きな気づきがありました。

相手の方に対しては、○○すべきだとか、間違いとか正しいという感覚もなく接することが出来るようになってきましたが、まだまだ自分のこととなると、○○すべき、間違っていないか?などと判断し制限をかけていたことに気がつきました。

愛と感謝の気持ちを持ち、勇気と思いやりを持って「自らの本音を出す」。

離れる人もいるかもしれないけれど、それはもともと価値観が異なっていたから。
出せば出すほどに、同じ価値観の人が集まり、結果自分の「心の平安」を形作ることが出来る。
やはり、自分が源。“平安をつくる”のも、つくらないのも自分次第。
自分の枠を外し、本当のWIN-WINの関係を構築できる状態となるのもあと少し、と感じています。

何を強く決められましたか?

八方美人にならない。
勇気と感謝の気持ちを持って、自分の本音を出します。

【PMC 5回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

自身を整えるということについて「ある一定値まで到達した」ことに気づきました。

以前は事実ではなく解釈によって、感情が揺さぶられることが多かったのですが、現在ではほぼそれがなくなりました。
たとえ解釈が入ったとしても、それに気づき、事実へと思考を戻せるようになりました。
また、事実と解釈の切り分けをすることは、自分自身の感情を抑える(コントロールする)ことだと捉えていたのではないか?とも感じています。
解釈をコントロールして抑え込むのではなく、一旦「横に置く(客観視する)」だけで良いのだと思います。
事実ではなく、解釈で考えてしまったこと自体が正解や不正解なのではなく、前に進むために「横に置く」のだ、ということがより深く理解できました。

そして自身の変化に伴い、出会う人たちが変わってきています。
人との出会いが楽しくなっていると、気が付けば自分を素直に出していることにも、気が付きました。

何を強く決められましたか?

自分の強固な「コンパス」を形作る。
最良願望を達成するための「資源」の弱さを教えていただきました。
より明確に自分の「メリット」を資源・原動力とするために、客観的に、且つ多方向からの視点をもって自己を解放させながら「コンパス」を形作ります。

【PMC 6回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

「自己との向き合いの深さは、人や物事への向き合いの深さに比例する」

この半年間は結果、自己と深く向き合う期間となりました。

これまでも自己評価としては向き合えていると解釈していましたが、「実はこんなところに課題があったのか」「ここまで掘り下げる必要があったのか」と、気づき、掘り下げていくことが出来たことにより、人生を推し進めるものは「やり方」ではなく、やはり「在り方」であることを実感することが出来ました。
だからこそ、お客様を含む人との向き合いも、より深く寄り添えるようになりました。

時には立ち止まって、「やり方」ではなく「在り方」を疑ってみる。
それこそが、人生のバランスを整え軌道修正を行うことが出来、心の平安への”最短距離”を捉えることが出来るということに、気づかせていただきました。

何を強く決められましたか?

決めたら即行動。
自分の可能性を信じる。
「知らないことがある」を前提とし、感謝と謙虚さ、好奇心をもって人・物事を見つめ、柔軟に取り入れることで自己成長へとつなげる。

PMCの6ヶ月間で身に付いた習慣

  • 朝6時起床
  • 毎朝プロテインを作り主人と飲む(朝の夫婦の会話)
  • 毎朝15分掃除
  • 睡眠6時間
  • 1日20分以上歩く
  • 深呼吸を意識して行う
  • 朝晩体重計に乗り体重を測る
  • 体脂肪率をコントロールする
  • 毎朝ありがとう日記をつける
  • 両親と月1回以上会う
  • 毎日1回は意識して自分の能力を人のために役立てる
  • 自分より成功した人との時間を週1回以上持つ
  • 毎日15分自己承認の時間をつくる
  • 週に1度、学んだことを1時間アウトプットする
  • 毎日振り返りの時間を30分設け、新しい選択肢を増やす
  • 解釈のたびにセルフコーチングを行い、事実を捉える
  • 月1回以上セミナーや本から新しい情報を得る
  • 毎日使ったお金を明記し、月次決算する
  • 月に1度大好きな場所に行き英気を養う
  • 毎朝15分間ビジョンボードを見て達成のイメージをする
  • 毎朝目標を明確にして第1・第2象限に従って計画を立てる
  • 最優先事項を明確化し、効果的な行動であるかを確認する
  • 地球環境に良いものを買う習慣を身に着ける
  • 月1回ボランティア活動を行う
 

出来たこと・達成したことは何ですか?

「朝の時間の有効活用」と「事実と解釈の切り分け」が出来たことが、とても大きいと感じています。

朝の時間の貴重さ、重要さに改めて気づき、一日をどうスタートさせるかの日々のセットアップに活用することが出来ました。

それにより元来のテーマであった「日々を丁寧に生きること」のより深い実践や、休日も含め規則正しい生活を意識して送ることで得られた自信も大きな収穫のひとつです。

事実と解釈の切り分けについては、自己及び人へのブロックが外れ、自己の解放へと繋がっています。

これからの人生を生きていくうえで、自身の中で「もっと突き詰めていきたいと感じていたもの」に向き合うことが出来たと感じています。

AWARENESS教育や髙橋マスターコーチとの出会いで一番変化したことはなんですか?

自分自身の「在り方」です。
人は本当に興味を持って受け入れられた、と感じることで自分の可能性を信じることが出来る。
結果、人を受け入れることが出来る、ということです。
髙橋マスターコーチのご対応により、それを「体感」、相対する方に対し「そんな自分で在りたい」という思いで接することが出来るようになりました。
その結果、いまは人と会っている時間の貴重さ、感謝の気持ちが大きく、心の底から楽しめるようになりました。

髙橋マスターコーチと実際に話して、最も印象に残った部分はどこでしょうか?

相手の“心のチャンネル”にぴたりと合わせ、瞬時に築き上げる“絶対安心領域”と圧倒的な承認力です。
対面する仕事を行う立場として、学ぶべき在り方である、とお会いするたびに深く感じました。

あなたにとって髙橋マスターコーチとはどんな存在ですか? また、髙橋マスターコーチの一番の凄さは?

8バランスを体現されている"人生のメンター"であり、人と接する仕事を行う上で「在り方」を示していただいた"ビジネスのメンター"でもあります。

また、私が髙橋マスターコーチの一番の凄さを感じるところは、圧倒的な行動力。
そして、すべての人・事柄に対し興味を持って接することが出来ることと、随所での気遣い。
人が集まるには理由がある、を身をもって感じさせていただけるところです。

PMCの金額に対して、価値はいかがでしょうか?

やり方ではなく"在り方"を、ひとり一人カスタマイズで「半年間」で変えることができ、人生との向き合い方、人との向き合い方を学ぶことが出来るPMCには、確実にその価値はあります。

どんな方にコーチングをお勧めしたいですか?

今まで多くの"やり方"で試してきたけれど、今一つ納得感のない方。
より自己を見つめなおし、充実した人生を送りたい方。
自分で自分の人生の舵を切りたい方。
本当の“心の平安”を知り、最良願望をつかみたいすべての方にお勧めします。
人生と向き合うとはこういうことか、ということが分かります。

セミナー中の髙橋マスタートレーナーとPMC中の髙橋マスターコーチの違いは何ですか?

メッセージの届け方を、大勢の方と個別の方と変えていらっしゃるように感じます。
セミナー中ではより多くの方に"届ける"ため、エネルギーを放出し、巻き込みながら。

PMCでは目の前のひとり一人にカスタマイズした、フラットなエネルギーで相手を包み込み"気づかせる"伝え方をされていると感じます。

AWARENESS HP

PRIORITY MASTER COACHING