Loading...
Loading...

AWARENESS

ビジネスセミナーインタビュー

経歴

20代で自己の能力開発に600万円以上を投資し、色や花をはじめコミュニケーションなどについて学ぶ。

自身の人生が、色と花によって劇的に変わったことをきっかけに、その可能性に注目し、色と花を使って人々に、より彩りのある毎日を過ごしてもらうために株式会社Charis Colorを設立。

現在では「企業に務める社長及び社員一人ひとりの幸福度を高める企業を増やす」ことをビジョンとし、設立わずか1年にして某大手車メーカーでの色と花を使った研修を行う。

また、お客様・スタッフの方に癒しを提供するために、銀座・西麻布・自由が丘など東京を中心とし、法律事務所やデンタルクリニック、飲食店など幅広い業種で週1~定期的に飾る花のアレンジメントを担当している。 他にも贈り先の企業・店舗のイメージや、贈る方の性格を聞いたうえで、花を買い付けて製作する心を込めたオーダーメイドの生花(せいか)を使ったアレンジメントがうけ、開業・移転祝い・誕生日や記念日などで、個人法人問わず、リピート注文が相次いでいる。

さらに色と花の可能性を伝えるべく、士業の方の例会・ロータリークラブでの卓話を行うなど、様々なことにチャレンジし続けている。

ビジネスセミナー受講履歴

BTC
2017年9月
新規受講

ATR
2017年9月
新規受講

PBM
2017年10月
再受講

SBM
2017年12月
再受講

レビュー

PBM、SBMに参加したきっかけ

以前から「誰に見せても恥ずかしくない事業計画書を作りたい。」と思っていました。
そのために、事業計画書に関する本も3冊程購入して目を通していたのですが、恥ずかしながら、それらの本を読んでも上手く体系立てて事業計画書を作ることが難しく、悩んでおりました。
そのときに武田先生のSBMを教えていただき、受講することを決めました。

わたしの周りで、髙橋マスタートレーナー以外で実績があり、かつ、本を出されたり上場企業とお仕事している方がいませんでした。
そういう方から、直接お話をお伺いする機会は滅多にないと思います。
頭の中を整理し、落とし込みたいと思ったことも受講の決め手になりました。

SBMを再受講した理由

1回目のときは、分析や事実に基づいた事業計画書を今まで作ったことがなかったので必死でした。
なので、再受講をして一つ一つを自分に落とし込みたいと思ったんです。

そう考えて現場に戻り、1回目のSBMを受講したときに作った事業計画を頭に入れながら再受講まで仕事をしました。
その際に、お客様にもフィードバックを貰うことができたので、「再受講でもそのお客様からのお声を入れて作り直すことができれば、より良い事業計画書ができるのでは」と思ったことも、改めて参加することを決めた理由の1つです。

ワークを通して気づいたこと

「会社を通して私自身がやりたいことを、どう表現したらお客様に伝わるのか」を改めて学ばせていただきました。

社長の仕事は、数字を見ることはもちろんですが、イノベーションを起こすことだったり、マーケティングをすることも必要です。
そういうことを自分でしっかりとやらないと、自分の『想い』や『意図』を、一緒に仕事をする部下だったり、チームに伝えることがすごく難しいということに気づくことができ、改めて事業計画書に落とすことの大切さを学ばせていただきました。

また分析や、事実に基づいて体系立てて考えていくこと、想いを乗せることは、自分一人だと、自分の都合の良い解釈が入ってしまったり、ある1つの側面からの事実しか見えない場合もでてくるかもしれません。
もしくは本質的な部分が見えていても、『想い』や『事実』のどちらかだけでは、人に響くものを作り上げることは難しいと私は思います。
武田先生の場合は、どちらも見てくださるのでバランスの良い事業計画書ができると感じました。

SBM PIC(ピット イン コンサルティング)の価値

私は日本初の色と花を使った、人間関係を構築する研修などを行っています。
誰もやったことのないビジネスなので、どうしてもふとした瞬間に、自分のしていることに自信をなくしてしまったり、本当にこの方向性のまま進んでいいのかな、と感じる事があったんです。

しかし、武田先生のSBMを受けることによって、体系立ったビジネスの軸が完成していき、あとはやるだけという状態にまでなりました。

その上でSBM PICを受け、武田先生とマンツーマンでお話させていただくことで、更にブラッシュアップをし、自分の事業の方向性も現状のままで大丈夫だと確信を持つことができました。

武田先生に一緒に考えていただいたからこそ、今まで積み上げてきたものを踏まえて、自分の中で更にしっかりとした「信念」「理念」「伝えたいこと」が、より明確にできたので、本当に良かったと感じています!